<< ヨモギの流し団子 | top | 玄米漬け >>

ハマナス・ジャム



 材料

  ハマナスの実
  水またはリンゴジュース
  グラニュー糖
  レモン汁



 北海道の海辺の花といえばハマナス。
 初夏から晩秋まで、良い香りをさせ可憐な花を咲かせています。
 夏の終わる頃にはつややかな赤い実が人目を惹きます。
 あまり完熟しないうちにジャムに少し いただきましょう。


 完熟して、つまんで柔らかくなったものは二つ割りにして種を取るとき、扱いにくいのでオレンジ色で固い大粒のものをえらびましょう。

思ったより簡単で、他の果実と比べるとたくさんのジャムが出来ます。



まず花がらのガクのついた部分を取ります。
中の種が見えるくらい取ったほうがきれいに仕上がるようです。
それを横半分にスライスします。


間違ってもタテはいけません。種が取りにくく、手こずりますよ。
流れ作業で無心に細かい作業を続けます。


横半分にした実から、このようにして種を取ります。
下に種受けのザルをおき、水道の水を少しかけながらハシかスプーンの柄などで、くるくるかき回すようにするととても楽です。


種を取り終えたらきれいに洗い、虫食いなどを取り除き、ひたひたの水を加えてハマナスの実が柔らかくなるまで15〜20分煮ます。


柔らかく煮えたものをミキサーにかけます。
この時、リンゴジュースを多めに入れて少しゆるいくらいにして下さい。


そのままでも良いようですが、ミキサーにかけたものをザルで一度こします。
すりこぎかお玉をを使ってグルグルかき回し、繊維や皮を取り除くと 
口当たりが良くなります。


裏ごししたものにグラニュー糖とレモン汁を加えかき混ぜながら煮詰めます。
砂糖の量は好みですが、ハマナスの実が甘めなのとリンゴジュースが入っているので砂糖の量はかなり少なめで良いかも。
大きな気泡がフツフツと出始め、とろりとして色が少し濃くなったら出来上がりです。

天ぷらの衣くらいの固さになったら、一度火を止め、冷まして固さをみます。
柔らかいようならもう少し煮詰めます。  


出来上がったハマナスジャムはヨーグルトにかけたり、トーストに〜。
思いがけない味が楽しめますよ。



出来上がったものは熱いうちに、熱湯消毒した空き瓶に詰めたり、チャック袋に平たくして入れ冷凍します。

市販の保存びんで保存する時は、軽くフタをし鍋に並べてから、かぶる程度の水を入れて、必ず水から煮ます。
軽く沸騰した状態で1時間煮てから取り出し、フタをきつくしめ、 冷めるまで逆さまにしておきます。
こうしておくと、常温で長く保存ができ便利です。

nori2herb2 | ジャム | 22:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--