<< 行者ニンニク | top | わらび >>

こごみ



 コゴミは伸び始めると成長がはやく
 あっという間に葉が開いてしまいます。
 この位のものが採り頃です。

 アクも無く特別なクセも無いので
 採取してすぐに食べることの出来る
 数少ない山菜です。



 丸まったところのの葉の部分を少しむしったほうが     
 見た目も口当たりも良くなります。



 天ぷらにする時は生のまま使いますが、
 それ以外は 茹でて冷水に取ってから、クルミ和え、
 ごま和え、 マヨネーズあえなどに調理します。
 
 あっさりしているので濃い目の味付けが
 美味しく作るコツです。
 


 長期保存には、さっと茹でてから冷凍すれば
 風味や色合いが長く楽しめます。

 又、茹でてから乾燥させておくと、
 美味しい煮ものが出来ます。

 
 
 たくさん手に入った時は、樽に塩漬けしておきます。
 生のままきつく塩を振り、押し蓋と重しを
 かっておきます。
 食べるときは半日くらい塩抜きをして煮物や和え物、
 粕漬けなどに 利用できます。


「マヨネーズ和え」



採りたてのものを茹でて、30分位水にさらしたら
食べやすい長さに切り、マヨネーズをかけます。
お醤油を少し、かけても良いです。


「クルミマヨネーズ和え」


 
クルミをすり鉢ですり、マヨネーズ、砂糖、お醤油で
和えます。こうばしく、コクが有りお勧めの一品です。


「ごま和え」



 白ごまをすり鉢ですり、砂糖、味噌、みりん少々で
 和えたものです。


「白和え」



 コゴミと豆腐は茹でてから、ザルに上げて水を
 切っておきます。
 人参、鶏肉、こんにゃくを同じくらいに切り、酒、醤油
 砂糖、本だし少々で人参が柔らかくなるまで煮ます。
 すり鉢で白ごまをすってから、水を切った豆腐を入れ
 よくすり混ぜて白味噌、塩、砂糖で味つけをし
 コゴミ、人参、鶏肉、こんにゃくを和えます。

 調味料は少しずつ入れて好みの味にします。



 塩漬けの山菜を塩抜きして酒粕(柔らかなもの)と
 黄ザラメにつけたものです。
 酒粕2キロに対して黄ザラメ1〜1.5キロと塩一握り
 を混ぜたものを、一日寝かせ、ザラメが溶け出したら
 山菜にぬりつけ樽に漬けこみます。

 (塩抜きした山菜は重しをして水を切ること)

 半月〜一ヶ月すれば漬かります。
nori2herb2 | 山菜 | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--